culture
2018年10月4日

17新卒エンジニアが全社を巻き込んだプロジェクトに取り組んだ話

「人的工数をかけるのがもったいない。だったら、自分たちで改善しよう。」

17新卒のエンジニアが自ら、全社を巻き込むプロジェクトを始めました。

ネオキャリアには、「ネオキャリア大学図書館」という制度があります。

ネオキャリア大学図書館とは

教育研修部が主導して、社員の【自己学習支援】のために、自己啓発本からマンガまで、

様々な本の貸し出しを無料で行っています。

貸し出す本の管理方法が属人的だったことに課題を感じ、17新卒のエンジニアが自ら名乗りを上げて、

解決に向けて全社を巻き込むプロジェクトを始めました。

 

人材開発部 古川英里
慶應義塾大学卒業後、株式会社日能研に入社。
後に自身がライフイベント期のキャリア形成に悩んだ経験から
「女性がライフイベントを経ても働きやすい社会創りがしたい!」と、レバレジーズ株式会社にて看護師人材紹介業の営業職として勤務。
ネオキャリアへの入社以前は、ライフイベント期の女性のキャリア支援、
採用コンサルタント業務を経験。
現在、ネオキャリアで取り組んでいるのは、ネオキャリアで働く社員の方々に人材業界の営業職としての仕事の楽しさを伝えつつ、各々が強みを発揮して生き生きと働ける環境をつくっていくこと。
そのために、「ネオキャリア大学の企画・運営(社員向けキャリア・スキルアップ講座の企画・運営)」「きゃりかふぇ(キャリアカウンセラー有資格者によるキャリア面談)」「若手社員向けキャリア形成施策の企画・実行」を行っている。

 

経営企画本部ネオ開発部 平野龍二
17新卒エンジニアとして、ネオキャリアに入社。
様々な自社プロダクトのPMの補佐として、ベトナムにいるエンジニアと連携し、上流工程の設計などに携わっている。

 

jinjer開発部 戸張将汰
17新卒エンジニアとして、ネオキャリアに入社。
国内初人事向けプラットフォームサービスであるjinjerを担当。セールスチームと連携し、プロダクトの開発・改善をしている。

 

経営企画本部ネオ開発部 布施博幸
17新卒エンジニアとして、ネオキャリアに入社。
インフラエンジニアとして、自社プロダクトのインフラを構築している。

 

経営企画本部ネオ開発部 谷口健一郎
17新卒エンジニアとして、ネオキャリアに入社。
ビジネスコミュニケーションツール「Calling」のバックエンドエンジニア。

 

経営企画本部ネオ開発部 Irina RAGRINA
17新卒エンジニアとして、ネオキャリアに入社。
ビジネスコミュニケーションツール「Calling」プロジェクトのエンジニアをしている。

どのような課題があったのでしょうか?

「ネオキャリア大学図書館」という制度が先期から始まり、様々な本を取り揃えているんですが、スプレッドシートで本の貸し出しの管理していたんですよね。
本の説明を手打ちで入力してたり、とにかく人的工数がかかってました。

エンジニアからしたら、それを人力でやるのは工数だし、大変だろうなと感じたんです。

どうにか解決したい。もっと使いやすくできるはず。そんな想いで、今回のプロジェクトを始めました。

どのように解決したんでしょうか?

貸し出し管理システムを自ら作っちゃいました。本の題名を入力するだけで、

全ての工程を自動化できるようにしました。

貸し出しの管理方法も今まで人力だったのを、システム上で管理をできるようにしました。

実は新卒エンジニアの研修で「本の貸し出し管理システム」を作ってたんですが、

そのシステムを応用した形になります。ネオキャリアには国内外でエンジニアが300人以上いて、

ノウハウの共有が活発なんですが、もっとスムーズに共有ができればと思い、当時作りました。

その時のアイディアを活かして、「ネオキャリア大学図書館」でも活用しようと思ったんです。

結果として、管理側の抜け漏れもなくなりましたし、以前に比べて本の貸し出しも約2倍に増えました。

色んな社員がこのシステムを使っているのを見て、「やってよかった!」と思いました(笑)

「ヒト」と「テクノロジー」で、一人ひとりの価値ある未来を実現する

人材業界では最大規模のエンジニア集団を抱えるネオキャリア。

「人口減少」「少子高齢化」に伴い、テクノロジーの活用が肝になっていきます。

様々なHRTechのサービスを生み出していますが、今後もより多くのサービスを世に出すために、エンジニアの活躍は不可欠になってきます。

下村彩紀子

NEOONE編集部。2015年に新卒でネオキャリアに入社し、多くの企業の新卒採用支援に携わる。その後2017年1月に採用部に異動し、2017年10月より採用マーケティングを統括し、採用広報も兼任。2018年9月に、「ネオキャリアで働く楽しさ、素晴らしい活動をもっと発信していきたい!」といった想いで、NEOONEを立ち上げる。モットーは「ローマは1日にして成らず」