culture
2020年4月8日

オンライン選考のメリットや、気をつけるべき点は!? 会社説明会から最終面接まで、 #オンライン選考 実施中です!

こんにちは!neoone(ネオワン)編集長の岩田です。

新型コロナウイルスへの対策として、現在ネオキャリア新卒採用では会社説明会から最終面接まで、すべてWeb上で完結するオンライン選考をおこなっています。

HR Techサービス/プロダクトを提供するネオキャリアならではの、Web会議システム『Calling』を使ってすべての選考をおこなえるようにしています。

 

一方で学生の声としては、就活のオンライン化が進むことに、少なからず戸惑いを感じているようです。実際に87.3%もの学生が、会社説明会の後、1次面接以降の選考は対面での実施を希望しているとのことでした。

参照:マイナビ2021年卒大学生-新型コロナウイルス感染拡大に対する就職活動実態調査

 

僕も普段から学生さんとお話しをする中で、「オンラインだと、熱量や想いがちゃんと伝わっているのか心配」「会社や人の本当の雰囲気は、やっぱりオフィスで直接会ってみないとわからない」といったこともよく耳にします。

それでも会社と学生、双方の安全を守り、安心して採用活動/就職活動をおこなえるように、Web上での対応は今後も広がっていくでしょう。オンラインでの選考とうまく向き合っていくために、どんな心構えで臨むのが良いのでしょうか?採用担当の視点から考えてみました!

 

 

オンライン選考を受ける際に、気をつけるべきこと。

①選考時の環境には、最大限の配慮を

「オンラインでの面接の最中に、Wi-Fi環境が不安定で切れてしまった…」「周囲の騒音がうるさくて、声をうまく聞き取ってもらえない…」

そんなことにならないように、オンライン選考は必ず「安定した通信環境のある」、「静かな個室」でおこなうのが安心です。場所と時間の自由が大きくなるオンライン選考は、つい移動と移動の合間や、何かの予定の前後に入れてしまいたくなるもの。オンライン選考といえど、基本は人と人とのコミュニケーション。必ず開始の5分前には静かな場所で待機して、通信環境の確認や準備をした後、余裕を持って臨めるようにしましょう。

できれば自宅でおこない、外で実施する場合は個人情報の漏洩リスクも考慮し、一人になれる個室でおこなうのが良いでしょう。

 

②オンラインだからこそ、より一層の主体性を

自宅で会社説明会を受けていると緊張感を持つことが難しく、ついつい気が緩んでしまうことがあるかもしれません。

説明会の途中には、急にオンラインでの個人ワークが課されることも…!自分だけ質問をしなくても良いように、オフラインと同じく集中力を持って臨ようにしましょう。

またLIVE配信で会社説明会をおこなっている企業では、説明会の途中や最後に、質問を受け付けることもあります。文面でしっかり質問をするチャンスなので、常に疑問点などを整理しながら選考会を受けるようにすると良いでしょう。

 

オンライン選考にはメリットがたくさん。

一方で、多くの企業がオンライン選考を実施することによるメリットはたくさんあります。場所を選ばないことで抑えられる時間とお金のコストは、地方や海外の大学に通う学生にとっては嬉しい側面もあるのではないでしょうか。地方就活生の抱える『交通費』の悩みも、解決に向かっていくかもしれません。

参照:地方就活生が東京にくるまでの費用はいくら?|都道府県別で交通費を調べてみた

 

また、移動の時間が必要なくなることによって、うまくスケジュールを調整すれば、これまでより多くの企業や社会人と接点を持つこともできます。より多くの選択肢を比較することで、納得感のある決断をすることができます。このneoone(ネオワン)のように、社内の様子が伝わるような発信に力を入れている企業も増えてきているので、そうしたWebメディアも一緒に注目してみるのも良いでしょう。

 

最後に、オンライン選考が不安な学生さんへ。

一気に就活のあり方が変わることに、戸惑いや不安を感じる方もいるかもしれません。冒頭のデータでもあったような、「本当に想いが伝わっているのか不安」「リアルな職場環境が知りたい」という気持ちも、すごく理解できます。でも、僕たちは会社の魅力を伝えて、皆さんと会社の良いマッチングを生み出すプロ。会社についても、皆さん自身についても、納得感のある選択ができるまで、オンライン・オフライン関係なく、とことん向き合います!!

僕たちに安心して、想いをぶつけてくださいね。オンライン選考にて皆さんとお会いできること、楽しみにお待ちしています!

※エントリーは下記画像から♫

岩田 至弘

neoone編集長。18年新卒として入社した楽天から転職、2019年2月よりネオキャリア採用部にジョイン。「neooneが、ネオキャリアに関わるすべての人をつなぐ場」であるメディアにしていきたいと思います!
休日はだいたい書店か美術館にいます。