culture
2020年6月3日

【今流行り】オンライン飲みやってみた!【Calling】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「カンパーイ!!」

この日は久しぶりの中途採用部の飲み会。顔ぶれはいつもの4人。会場だけが違っている。

そう!あの巷で流行っている「オンライン飲み」が中途採用部メンバー内で開催された!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

こんにちは!neoone(ネオワン)編集部の阿波根(あはごん)です。

 

みなさんは、最近人気を集めている「オンライン飲み」をご存知でしょうか。

コロナの影響で外出ができない中で、さまざまなオンラインイベントなどが開催されています。その中でも、特に人気なのがオンライン飲み!

 

別名「Zoom飲み」や「リモート飲み」と呼ばれ、ZoomやLINEといったオンラインツールのビデオチャット機能をつなぎながら、お酒を飲んだり、コミュニケーションを楽しんだりすることを指します。必要となるのはパソコンやスマホといったデバイスとインターネット環境だけなので、簡単に参加しやすいのも特徴です。今回はそんな「オンライン飲み」を、弊社サービスの「Calling」を利用して中途採用部メンバーでやってみたのですが、これがめちゃくちゃおもしろい!ハマる人がいるのもわかります!

実際にどんなところが良かったのかレポートしていきたいと思います!

 

Callingとは

Web会議システム、チャット接客ツール、チャットボット…といった、業務やコミュニケーション形態に応じて変化する様々なツールを一つにまとめ、業務の効率化と顧客満足の向上を実現することが可能となるツール。「自動応答チャット」や「1対1」、「最大30人の会議」も可能なWeb会議/商談ツール。

<<弊社サービス「Calling」の詳細はこちら>>

 

 

■当日の飲みメンバー

氏名 部署 デバイス カメラ マイク
たかの 中途採用部 ノートPC
うちだ

+お子さん

中途採用部 ノートPC
あはごん 中途採用部 デスクトップPC ×
かない 中途採用部 スマホ

※あはごんのデスクトップPCにはカメラがないため、顔なしです。

 

 

約束の20:30にお酒を持ってぞろぞろ集まりだす中途採用部。

 

「カンパーイ!!」

 

この日は特にお題があるわけでもなく「GWをどう過ごしたかの話」「美容室に行った時の話」「メンバーのお子さんの話」「恋愛観についての話」などなど、本当にさまざまな話をしていました。(今振り返ると結構しょうもない。笑)

 

正直、オンライン飲みをする前の私としては「リアルではないし、実際どうなんだろう」と、勝手ながら少しネガティブな印象を持っていました。しかし実際は思っていたより距離感も近く感じ、本当の飲み会のようにゲラゲラ笑い転げながら話したり、気付けば長時間話し込んでいて、最近取ることのできなかった密なコミュニケーションを取ることができました。コロナの影響であった直近の鬱々した気分を、明るくすることができる程に楽しい時間を過ごすことが出来ました。ただ、本当はゲームもやりたいと思っていたので、次回は必ず、人狼のようなみんなで出来るゲームもやりたいと思います!(笑)

 

 

こういう時世だからこそ輝くオンライン飲み。もちろん良い点が多分にありましたが、残念ながら悪い点もありました。今回、せっかく実際にオンライン飲みをやったので、私が感じた「良い点・悪い点」を挙げてみたいと思います。

■良かった点

①圧倒的にコスパが良い!

お手元にお酒、好きな食べ物を用意するだけで、移動費をかけずに参加できる。(※必ず飲む必要もないので、お酒が飲めない方も安心!)

②場所を選ばず飲み会が開ける!

それぞれの自宅で開始ができるため、遠方の方も参加できれば、海外の友人と一緒に飲むことだってできる。

③気軽に参加できる!

普段はお子さんがいて参加できないような方も、自宅からであれば、子供と一緒に参加したり、寝かしつけた後に参加することもできる。

 

■悪い点

①デバイスや通信環境に左右されてしまう。

利用するサービスによって異なったり、使うマイクやカメラによって影響ができたり、オンライン飲みに参加する環境が悪い等、実際に参加する環境によっては、やはりリアルと違ってそういった障害が出てくる可能性が大いにある。

②(良くも悪くも)時間に限りがない

お店の終了があるわけでもなく、終電があるわけでもなく、そもそも家で飲んでいるので終わりの時間というのがない状態に陥ることが発生する。また、自分でガツガツ飲むことができるので、飲むペースが早くなることもありえる。(飲みすぎには注意!)

「リアルはリアルの良さ」「オンラインはオンラインの良さ」がやはりそれぞれあるなという印象です。良い点、悪い点、しっかり理解した上で今後も上手に活用することができればと思います!

 

最後にオンライン飲みに必要なものを簡単にまとめたので是非参考にしてみてください!

 

■オンライン飲みに必要なもの

オンライン飲みをするのに必要なものとしては、大きく5つ

①PC/スマホ (PCであればカメラやマイクも別途必要な場合あり)

②インターネット環境

③通話ツール(Cahtwork、Zoom、LINE、etc…)

④お酒(自分が飲みたいだけ、飲めるだけ)

⑤食べ物(自分が食べたいものだけ)

 

③に関してはツールによって使い方が異なりますが、基本的にサイトを見ながらやれば簡単に利用できます。④、⑤は買ってくるなり作るなり、簡単に準備すればOK!至って簡単で、コスパの良い飲み会をすることができます。

 

みなさんも是非、「オンライン飲み」をしてみてください!!

ハマること間違いなしです!!

 

それでは!