culture
2020年8月24日

生産性と従業員エンゲージメントの両軸を向上させていくことができるHRTechツール「jinjer」

こんにちわ!neoone(ネオワン)編集部の阿波根(あはごん)です!

 

みなさんはいかがお過ごしでしょうか。記録的な猛暑の夏。私は熱中症にならないように、日々気をつけて過ごしています。

コロナ禍に加えてこの猛暑により、私の周りでは社外の方との商談がオンライン化するだけではなく、組織においてもリモートワークが定着してきているように思います。「通勤時間の削減」や「仕事の効率化」といったメリットを享受できた一方で、

 

  • 社員間の交流の機会が減ったことによるコミュニケーションロス
  • 自宅と職場が一体化したことによるストレス増加
  • 会社への帰属意識が低下したことによる従業員エンゲージメントの減少

 

といったような、対面でのコミュニケーションがなくなることで、組織の一体感やエンゲージメントが低下するといった課題が顕在化してきていたりもします。ただし、リモートワークへの働き方の変化は合理的であるため、今後も継続すると言われています。しかし上記の課題を解決しなければ従業員エンゲージメントの高い組織を維持することは難しい。生産性と従業員エンゲージメントの両軸をいかに向上させていくか。これはどの企業も向き合う課題となってくるでしょう。

 

■エンゲージメントの重要性

エンゲージメントとは「愛着心・愛社精神・思い入れを指し、「従業員一人ひとりが組織に愛着を持ち、従業員と企業が一体となってお互いに成長し合う」ような状態を指します。昨今では、終身雇用制度が崩壊し、人材の流れも流動的になっています。実力主義による報酬体系が主流となった今、優秀な従業員であればあるほど、キャリアアップのため、より良い待遇を備える職場に次々と移るため、社員のエンゲージメントが低いままでいると優秀な人材が流出してしまいます

 

そういう場面において、力を発揮するツールが「HRTech」です。

 

■企業にとっての必要不可欠な武器に

ネオキャリアでは「HRTech」のサービス展開しています。

***********************************************

jinjer

ネオキャリアが展開しているHRプラットフォーム。企業の人事データを一元管理することができ、人事領域の様々なプロセスデータを結合・集積し、ブラックボックス化された人事データを「可視化」、人事戦略の最適解を導き出すことができます。現在は11,000社にご導入頂いており、継続率・満足度ともに90%を超え、多くの企業にご愛顧いただいているサービスです。

***********************************************

jinjerには人事労務周りにおける様々な機能があり、従業員のデータを溜めていくことで、従業員毎のエンゲージメントを算出することが可能となっています。もちろん、リモートワークであっても機能しているため、データを蓄積させていくことができます。そのデータをもとに組織データを構築することも可能となっており、組織データから得られた課題を改善してくことで、組織全体のエンゲージメント向上を図ることができます。

 

これまでとまったく違った新しい働き方が模索される時代において、新しい組織のあり方を構築することは非常に重要なテーマとなってきます。お悩みの企業様はぜひご相談いただけると嬉しいです!

またネオキャリアでは、jinjerのみならず50以上のサービスを展開し、様々な領域で価値を発揮しています。他のサービスが気になる方、是非ネオキャリアHPに遊びに来てください!

そして興味を持っていただけた方、是非採用ページも見て行ってください!

 

一緒に熱く働いてくれる仲間を絶賛募集しております!

 

それでは!