culture
2019年7月5日

「社員がつながり、もっと会社をスキになる」。社内報をご紹介!

こんにちは。neoone編集長の岩田です!

普段仕事をしていると、拠点が離れていたり、部署が違っていたりする社員とコミュニケーションを取る時間も少なくなってしまいますよね。「新入社員研修で隣の席だったあの人は、今頃どんなところで、どんな仕事をしているんだろう…?」とふと考えることはありませんか?ネオキャリアでは、社員間のコミュニケーションの活性化や、社員が会社のことをより深く理解し、好きになってもらうための様々な取り組みが行われています。

本日は、ネオキャリアグループ内で発行されている社内報をご紹介。ネオキャリアでは、「モアハピ」、「NE-X」という2つの社内報が社員に配布されます。それぞれの社内報には、どんな想いが込められているのでしょうか…?

モアハピ|「働くの”いま”と”これから”を考える」。

社員一人ひとりの、「ネオキャリアで働くをハッピーに」。そんなきっかけになる冊子にしたいという想いで発行されている「モアハピ」。創刊当初は「出産・育児にかかわるお金のバイブル」、「ワーキングマザーの本音トーク」などが掲載されている女性向けの社内報でした。

しかし、制作メンバーが社内にアンケートを取ったところ、女性の結婚・出産だけでなく、男女とも共通して「自分自身のキャリアビジョンに関して」、「ワークライフバランス」への関心が強いことが判明。

多くのメンバーの「働くの”いま”と”これから”」を取り上げて、一人ひとりの「ネオキャリアで働くをハッピーに」を実現していくことを目指す冊子に生まれ変わりました!

 

モアハピには、ライフステージを経て、自分らしく働く社員、家庭を持ちながら働く社員のインタビュー記事や、社内の休暇・休業制度のまとめ一覧などが掲載されています。

こうした内容を受けて社内からは、「キャリアの考え方、作り方が参考になった」、「子育てしながら営業として活躍しているメンバーがいると心強い」といった声も多いようです!


▶「自分らしく働く」社員のインタビューページ。

 

私が面白いなと感じたのは「社員のインタビュー」が紹介されているページ。この企画ではネオキャリアで活躍する社員が、結婚・出産、その他様々なライフロールを経ながら、キャリアをつくる上でどのような喜びや葛藤を感じてきたのか。そのリアルな心情が語られています。ママ社員として働く岡林さんへの取材記事では、実際にどのような勤務時間で働き、退社後はどのようなタイムスケジュールで子育てと両立させていたのか詳細が記載されていました。「時間はびっくりするほどない」、「自分のキャリアは自分でつくることができるのだという実感があり、自信にもつながる」といった岡林さんの生の声も含め、自分がママ社員になった時の働き方を想像することができますね。

私もまだ結婚はしていませんが、プライベートと仕事を両立している幸せそうな先輩社員の姿を知ると、なんだか嬉しくなり、ネオキャリアでもっと頑張ろう、そんな気持ちになりました。

 

NE-X|「社員がつながり、もっと会社をスキになる」。

NE ・・・ネオキャリアの人が。

X ・・・クロスする、交わる。

社内報を読んで、普段なかなか関われないメンバーの事を把握できるように、という想いを込めて名付けられたNE-X。「今月活躍した社員はどんな人?」「各拠点の様子はどんな感じなんだろう。」そんな社員が気になることに応えるコンテンツがたくさん掲載されています!

 

NE-Xには、全国の支社の様子や、月間で成果を出した社員の紹介など、様々なコンテンツが取り上げられています。

他拠点の取り組みがわかると、自分たちの拠点を盛り上げるための参考になります。社内報なので中身はネオキャリア社員だけのお楽しみになってしまいますが、例えば梅田エリアでは、各部署対抗のフットサル大会が企画されていたり、新卒社員がBBQを企画していたり。

そうしたイベントの様子だけでなく、梅田エリアの社員が「どのような想いで、それらのイベントを企画しているのか」を知ることができました!規模が大きくなっても、社員同士のつながりと、一体感を大切にしている梅田エリアの皆さん。私も大阪に行く際には、普段はなかなか会えない皆さんにぜひ会ってみたくなりました!

 

また、各エリア・部署ごとでの月間MVP紹介など、自分のがんばりが表彰される文化があると、仕事へのモチベーションも高まりますね。2019年1月度、2月度の表彰ページでは、各受賞者が「もうひと踏ん張りするときに行っている習慣」が紹介されていました。こうした成果を出している社員の人柄も知ることができて、「私生活に取り入れてみようかな…」と思い、非常に参考になりました。

ひそかに私も、NE-Xに取り上げられるような取り組みをして、掲載を狙っていきたいと思っています(笑)

その他にも、「フォトジェニック選手権結果発表」、「ファンメイキンググランプリ褒賞旅行レポート」、「社内の〇〇オタク特集」など…他の社員をもっと知るきっかけになる、様々な企画が掲載されています!

 

そして、このNE-Xを制作しているのは、部署を横断した有志のメンバーで構成された「感動・創造ラボラトリー」、略して「KAN★LABO(カンラボ)」というチーム!メンバー全員が通常業務と並行して、NE-Xの制作や社員総会の運営を担当しています。実はこのカンラボ、社内でも非常に人気で、メンバーになるための選考を取り入れているほど…!!社員の感動を創ることで、もっと会社が好きになる。会社が好きになれば、もっと仕事が楽しくなる。自分の業務以外のことでも、何でも全力で取り組む。カンラボが社員に人気なことにも、ネオキャリアらしさがよく表れていますね!

発行の度にクオリティが上がっていくNE-X。次回のリリースも楽しみです!!

 

 

―いかがでしたでしょうか?ネオキャリアではモアハピ、NE-Xのような社内報が発行され、普段はなかなか知ることができない他の仲間のことを知るきっかけが用意されています。

肝心の中身は、直接お会いした時のお楽しみです◎

 

今後は社内報だけでなく、neooneでも社内外の人にもっとネオキャリアをスキになってもらう発信をしていきたいと思います!楽しみにお待ちください♩

岩田 至弘

neoone編集長。18年新卒として入社した楽天から転職、2019年2月よりネオキャリア採用部にジョイン。「neooneが、ネオキャリアに関わるすべての人をつなぐ場」であるメディアにしていきたいと思います!
休日はだいたい書店か美術館にいます。